3日目はラクダに乗って

2日目のウルル登山を終えて
3日目は、らくだに乗りました!



かわいいラクダちゃん達
とてもおとなしくて穏やかでした。



てくてくとのんびりとした
リズムが何ともいい感じです~。

 
『ウルル』が見えてきました。


そしてはるか遠くには『カタ・ジュタ』が

この日も雲一つないきれいな青空で
1時間ほど雄大な大地を
ラクダに案内してもらいました。



最後に記念撮影。

まるでつけまつげをしているような
何とも言えないお目め。
とっても 愛らしい ♡



『ガブッ』って
されたのかとハッとしましたら
鼻でツンとされました(^^♪


みんな口をそろえて
オーストラリアでラクダ?
と聞かれましたので

最後にネットより抜粋です
(^0_0^)

1870年~1920年の間にアラビア半島やインド、アフガニスタンなどから2万頭ものラクダがオーストラリアに輸入され、2000人以上のラクダ乗りが移住してきたとのこと。ラクダたちがアウトバックの気候にとてもよく適応できたため、何十年もの間にわたってオーストラリアの社会にとって重要な輸送手段となり、経済発展に寄与しました。ラクダたちが運んだものは綿や水、電柱や鉄道の枕木に使う木材、紅茶やタバコなど多岐にわたりましたが、1930年代になって鉄道網や自動車が発達するにつれてラクダは効率の悪い輸送法になってしまったそうです。

ウルル麓めぐり

まだまだ続きます(笑)
伝えたいことばかりで
画像も多めです。

登山のゲートオープンを待ちながら
ウルルの麓めぐりをしました。

 

この麓めぐりは、登山のどちらかを選択できるんです。
午前のこの時間にウルルに登ると
このツアーには出られないので
ゲートが開かなくても
実は私の中では期待通りだったり(^^♪

 

箇所ごとの説明がブログには再現できませんが
どれもちがう表情をみせてくれました。

壁画もありまして
描かれている動物や意味合いも
ガイドさんがお話しくださいました。
しかし、思い出せない 左下 のも!
そして 右下 も!

 

そして奇跡の1枚✨



光がきれいに入り込んでいて
その時、気持ちよく自然を感じていて
画像にもその感じがしっかり写っていますね。

ウルルの頂を目指して!

今回の旅の目的でもあるウルル登山。
必ず登れるとは限らないそうです。

雨はもちろん、風があると頂上付近では8倍の強さになるため、
その他状況含めゲートが開いている確率は統計上3割。



あさ9時から1時間毎にゲートの開きを確認しながら、
ウルルの麓めぐりをしていましたが、
昼間まで待ってゲートは開かず、
ホテルへ戻ってLunchとなりました。



そして、Lunch後
ゲートが開いたとの連絡を受けエアーズロックへ移動。
頂を目指して片道1時間ほどの登山をスタートしました!


行ってきます!
(かなり急なんです)

30〜46度の傾斜を部分的にチェーンをつたって登っていきます。



呼吸がはげしく乱れてハァハァ言っていました😅(汗)

チェーンが終わるところまで行くと1/3地点。
箇所によっては、幅の狭いところを歩いたり
急なアップダウンを繰り返しました。

そして、約1時間登り続け、遂に登頂!



到着した頂上は、空が広く、風も心地よく、
360度見渡す限りの広大な大地です。



素晴らしい景色です。



頂上には方位版が↑

私にとって初めての海外旅行。
色々なところに行ってみたい夢がありましたが、
1つだけ選べるなら、広大な大地を感じてみたい。
満天の星空をこの目で見てみたい。

その希望にタイミング的にも1番適った
ウルル(エアーズロック)の旅を選びました。



顔は真っ赤に(笑)
~ 達成感 ~
本当に来てよかった。

暑すぎない秋の季節。
そして、ゲートが開かず登れず帰る方も多い中、
穏やかな天候の中を仲間と共に登ることができました。



支えてくださった皆さん
そして Ururu に
心から感謝です
❤(ӦvӦ。)

ウルルの日の出

2日目。日の出前はとても寒く
底冷えしています。
ズボンの下に厚手のスパッツを履いて
少ない衣類をしっかり着込みました。



空が明るくなってきています。



アフリカの大地に立っているような光景。
太陽の一筋の光が私たちを照らし出します。



まぶしい太陽と共に
寒さも緩和してきます。

この後、どんなことが起こるのか
本当にワクワクな気持ち。

ウルル サンセット

ウルル(エアーズロック)の日の入です。



グラスに写る逆さウルル 。
カナッペやバーニャカウダ、シャンパンを
現地ツアーで用意くださっていました。



時間とともに真っ赤に照らされた
ウルルと空の変化を楽しみました。



このグラデーション忘れられません(^^)



月もウルルと一緒に。
あっという間に夜空へと交代。



いろんな顔を見せてくれる。
地球って本当に美しい。



ウルルに到着して様々な表情を見ました。
空と大地とこの空気感。
初めて体験する雄大さ。

あっという間に駆け抜けた1日目となりました。


エアーズロック到着

日が明けて、メルボルンを経由して
13:00エアーズロックに入りました。



赤い大地と蒼い空。
カメラでは伝えきれませんが青空が美しい✨



現地入りして、まずは
『カタ・ジュタ』
風の谷の散策へ



大きくてすごい存在感(^^)

うわさに聞いていたハエくん。
季節は秋なので少ないほうなのかな。。
まだ許容範囲(笑)



画像では伝わらないのですが
近くでみると圧倒されます。



『カタ・ジュタ』 を皮切りに
現地ツアーがスタート。
次は、ウルル(エアーズロック)サンセットへ。

エアーズロックへ出発☆彡

5/13(月)よる成田空港より
オーストラリアに向けて出発しました!



フライトは約11時間。



まずは、機内食をいただきました(^^♪
トマトとバジルソースのペンネ
デザート
( 黄色のパッションフルーツ?のケーキ )



この後眠るだけなので
普段は飲まない赤ワインを一緒に🍷

出発 して5時間ほど経つ頃
機内から夜空を見ますと
そこには見た事もない星空が
広がっていました✨

天の川はもちろん
地平線まで、たくさんの星々が輝いていて、
37,000フィート上空からの星は、
どれもとても大きくて
ずっと、ず〜と眺めてしまいました。

地上よりも宇宙に近い場所で、
何度も何度も夜空を楽しみ、
なんと流れ星🌠も見れました(^^)✨



私の携帯では、星が何も写らなかった(笑)
↑  ↓の画像は月です😅



念願の星空がさっそく観れました☆彡

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
5/18(土)本日、日本へ帰国したところですが
回想しながら引続きアップしていきますね✈

ホームページを移転しました

こんにちは。
ホームページを移転しました。



以前のHPからの移転は
PC無知な私にとって
なかなか手ごわく

エンジンぶるるん~
やっと充分な時間がやってきて
調べに調べて2日間徹夜で完成。

よくわからずやっているので
試行錯誤でやっとこさ出来ました☀

よくやった!
心で叫んでいます(笑)

これより気分を新たにまいります!



今後ともよろしくお願いいたします(^^)

さて、心機一転にふさわしく
5/13より、
オーストラリアのおへそと言われています
エアーズロックへ行きますよ☆



以前より広大な大地を感じて
美しい星空を観たいと心に秘めていまして
この度、リトリートの話があり
8名の素敵な仲間と共に参加することに☆彡

出発当日は、成田空港を出発しまして



メルボルン経由でエアーズロックへ入ります!
そして、エアーズロックへ登ります。

どんな旅になるのか
楽しみにしていてくださいね。