シンキングボウル

広島ヒーリングマーケット2日目。

クリスタルボウルは知っていましたが、パキスタンの方が出展していたのは、シンキングボウル。

 

音がボワ〜ンと響き渡る倍音。何とも落ち着く音です。

こんなふうに被って(笑)伝わってくる音と振動で癒やしを行うそうです。身体の中心まで届く感じがスゴイです。

 いろいろな大きさのシンキングボウルを回しながら鳴らして、おもしろくて、気が付けばずーっと動けなくなってしまった。

ありがとう☆とっても気持ちが良くて癒やされました〜

シンキングボウルとは。。

シンギングボウルの発祥は3000年前、ブッダ生誕以前に遡ります。チベットのラマ教の高僧が神に捧げる儀式に使う仏具であったシンギングボールはTibetan Sounds(チベットの音色)と言われ、その存在はブータン、ネパール、インド、チベットを中心にミャンマー、インド、中国にまで広がりました。

一見、金属でできた大きなお椀、または単なる古い楽器のようですが、ハンドメイドによるシンギングボウルは古の時代から、背骨や体の痛みをとる、心と身体が安らぐなどの効果が重用されてきました。

シンギングボウルの特徴は「波動」と「浄化する力」、そして「倍音(ばいおん)」と呼ばれる音色です。なかでも最大の特徴は「波動」の力です。シンギングボウルを奏でる際の振動は非常にはっきりしたもので、どなたでも感じることができます。シンギングボウルを体験されると、その「波動」が心と身体に直接働きかけ、固くなっていた心や身体に刺激が与えられて何等かの循環が促されることを実感されるでしょう

参考 シンキングボウルとは

/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください